There's no 'I' in...
Become a member of tf.fpsjp.org, right now!
Upcoming Games
予定なし
Contents
Online
2 人のユーザが現在オンラインです。 (0 人のユーザが >>TF-Info を参照しています。)

登録ユーザ: 1
ゲスト: 1

fpsjp, もっと...
Search
flagrun

目的

敵基地、或いはMAP中央にある旗を、自軍基地の奥に位置するCapture pointまで運びこむのが目的。キャプチャーされたflagは、そのまま配置されるので、敵から守らなければならない。どちらかのチームが先に4本揃えた時点で、仕切りなおしとなる。通称 Capture the Frag。

得点システム

旗がCapture pointに達した時点でチームに10 points入り、運び込んだ者には、敵陣の旗であれば10 frags、マップ中央の旗であれば5frags入る。尚、敵の落とした旗をキャプチャーしても、チームスコアは入らない。運んだものに2frags。

概要



MAPの全体図、及びrespawn roomからyardへの道のりを示したものである。
フリーハンドで矢印を引いているのは見逃してほしい。

yardへ出たところ。○で囲んであるところに旗がある。取るには脇の梯子から中に入ればいい。
旗がある建物の真下には、グレネード入りのパックがある。

yard中央から敵基地を見たところ。3つの侵入口がある。い帽圓には、右側にある梯子を登ればいい。

->敵基地右側通路へ

->敵基地左側通路へ

->敵基地respawn room前へ

敵基地右側通路を抜けたところ。途中に回復パックがあるので、必要ならば取っておこう。奥へ行けばフラッグルームがある。

->フラッグルーム1F

E┫霖郎限δ模を抜けたところ。奥へ行けばフラッグルームがある。途中アーマーと回復パックがあるので、必要ならば回収しよう。

->フラッグルーム2F

→Δ隆屬法△海海望紊襪海箸砲覆襦アーマーを多めに回復するパックがある。近くにrespawn roomがあるので、敵の復活に気をつけよう。 ->フラッグルーム2F
づ┫霖respawn room前。このルートは守備が薄くなる傾向にあるが、復活した敵と鉢合わせになりやすいので、気をつけなければならない。
尚、正面の扉は敵チームでないと開けれない。正面の橋から、右か左に抜けよう。
左の通路を降りると、出口地点に下りることができる。途中ammoパックがある。
->敵基地左側

フラッグルーム1F正面から入ったところ。奥にflagが置いてある。
左側にエレベーターがあり、これを登ると、βΔ猟模に抜けることができる。

->フラッグルーム2F
フラッグルームを2Fから侵入したところ。左に下りるとflagがある。
奥に行けば、敵チームのみが取れるammoパックがある。

->フラッグルーム2F

フラッグルーム2F。侵入者の死角からフラッグルームを見下ろせるため、ここにsniperやSGが配置されることが多い。

攻略

攻めの基礎
まず、マップ中央の旗であるが、これは最初は取れない。ラウンド開始から一分程経過してから脇の扉が開くので、この時取れるようになる。
敵陣の旗ではないと言っても、キャプチャーすることで同様に10pts入る。放っておいて、いつの間にか持ってかれた、ということがないようにしよう。

敵陣への侵入ルートだが、yardからは3つのルートがある。左はフラッグルームまで少し遠回りになるが、途中の回復パックやアーマーが充実しており、また、flagroomへは、いわば裏からの侵入となる。
右は最短でフラッグルームに到達することができ、途中にhealthパックがある。
中央は途中の守備が最も手薄になるが、移動にやや手間取ってしまう。
敵の守備の具合を見て、最良の侵入ルートを判断しよう。

一階からフラッグルームに侵入した場合は、SGに気をつけなければならない。フラッグルーム内のSGの多くは、こちらを対象にして設置されている為だ。
二階から侵入する際には、敵のsoldierやHWGに気をつけなければならない。途中の通路が狭いため、横を通り抜けるのは困難なのである。

旗を入手しても、持ち帰る際には、配置されてる守備陣と、復活して戻ってくる守備陣に気をつけなければならない。もし落としてしまったら、敵に拾われて、再び敵のCPに配置されてしまう為である。

守備の基礎
上での説明の通り、陣地内には多くの補給ポイントがある。yardに通じる通路側のポイントに配置すると、なかなか良い感じだろう。また、基本的に屋外型のMAPで、見通しの良い場所が多いため、sniperもかなりの効果を発揮するだろう。
最も大切なのが、フラッグルーム内の守備である。キャプチャーしても奪われるというルールから、保持している旗は是非死守したい。フラッグルーム内は割と広く、SGが活躍しやすい。どの入り口から入られても対応できるよう、万全を期そう。

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
投稿者 スレッド
TF-Info